直接刺繍・刺繍ワッペン・ラバープリントの製造直販。美しく丁寧な仕上がりを低価格にてお客様にお届けいたします

TEL. 043-237-1700 FAX. 043-237-1701

〒264-0002 千葉県千葉市若葉区千城台東2-1-11

ハイグレード質感。縁取り刺繍。

マーク地の光沢と刺繍ならではの糸の流れの融合。強烈なインパクト。


直接刺繍にはない強烈なインパクト度合いを誇る縁取り刺繍です。
太字&ビッグサイズ向きの加工方法となります。

「ワッペン」と誤解されるお客様が多いですが、縁取りの縫い部分はウェアー・アイテムに直接刺繍されるものとなります。
ワッペンのような使い勝手の良さはありませんが、ウェアーへの"馴染み"に大きな違いがございます。

こちらに簡単な説明画像を掲載させていただきましたが、価格の算出でキーになるのが「手数」となります。

文字数が増えれば増えるほど、貼り付けの手数が必要となり、一着あたりの加工時間が長くなる為(作業効率性の低下)刺繍単価は上昇します。
逆に少なければ少ないほど、価格を抑えられる傾向にあるわけです。(ストップ回数が少なく、縫い上りが早い為)

ヒートカットした生地を手作業で貼り付け、そして縁取る加工方法であることから、縁取りの線幅は約3~4mmほど必要となります。

(無理に細線を再現しようとすると強度的に深刻な問題が発生します)

細線や細字の場合、柄がつぶれてしまう為、太めのしっかりとした線・ある程度の大きさが必要となりますから、基本的には背中などへのやや大きめ~ビッグサイズの加工向きとお考え下さい。









 
 





<画像クリックで拡大>
かなり極端すぎる比較例ですが、縁取り刺繍の単価をできるだけ抑えるコツ的な画像を作ってみました。
(作り直すかもしれません...(^_^;))

「文字」を例に挙げてみましたが、「ロゴやデザイン」も原理的に同様です。
細かいバラのパーツが増えるほどに価格は上昇しますが、仕上がりも良くないことが多いです。

「太めの筆記体」(文字が繋がっているから)なども良いですね。


   撥水素材や起毛素材は対象外となりますが、縫いが完了したら、熱圧着機でプレス仕上げとします。

マーク地裏の接着糊を利用し、生地の取付強度を大幅に向上させるためです。

この作業を行うことにより、長くご愛用頂ける高耐久度オリジナルウェアーをお作りいたします。

マーク生地ラインナップ

品名/品番 カラー展開 特徴説明
エステルサテン
SWM-1500

<計20カラー>
薄くて光沢があり、柔らかな風合いのサテンタイプのマーク地です。
エンブクロス
SWM-2610

<計20カラー>
色鮮やかな刺繍の風合いの織生地タイプです。適度な光沢があり、スポーティな印象。
ダブルニット
SWM-1800

<計20カラー>
柔らかいソフトな風合いです。
エンブニット
SWM-1900

<計13カラー>
ニットタイプの生地で少しハード目の印象。
NYマーク地
SWM-2200

<計14カラー>
滑らかな風合いのフェルト調の起毛タイプのマーク地です。
カラー画像は実際とは質感差・色差がございます。何卒ご了承ください

・・関連コンテンツ・・


お見積もりは無料です。
チーム予算のご相談や加工法に関するご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください


画像データやラフ案など、デザインのご入稿に関してのご説明


プリント・縁取り刺繍でご利用いただける、参考書体です


刺繍加工ご希望アイテムのお持込に関するご説明ページです。


刺繍糸とワッペン用生地の商品説明・カラーラインナップです


ポロシャツやスウェット・アウターなど、ぜひあわせてご利用下さい。


ご感想のお言葉を頂きました
いつもありがとうございます

(株)ホーネスト

〒264-0002
千葉県千葉市若葉区千城台東2-1-11

TEL 043-237-1700
FAX 043-237-1701